女性の礼服を比較【お奨め】ブラックフォーマル5選!

女性向け礼服を扱うお奨め通販サイト

こんにちは、「Recommend Style」の横山です。

今回のテーマは『女性の礼服』

……お奨めの礼服を5スタイルご紹介させていただきます。

◆◇◆ 礼服と一般的な女性スーツとの違い ◆◇◆

礼服とレディーススーツの違いは何だろう?……と疑問に思ったことはありませんか。

礼服とは冠婚葬祭といったフォーマルなシーンで着用する黒い洋服のことで、レディーススーツとはビジネスなど普段日常シーンで着ているスーツです。


この二つ作りが全く別物です。

まず生地の黒色の濃さが違います。

礼服は「漆黒(しっこく)」と呼ばれる深く濃い黒で、高級感のある黒色ですが、レディーススーツの黒は少し薄いので、明るい場所で見ると少しグレーがかって見えます。


また冠婚葬祭といっても、結婚式用とお葬式用は別々の礼服として考えられています。

結婚式などお祝いの席で着る場合、黒の濃さはそこまで厳格なルールやマナーはありませんが、お葬式で着る礼服(喪服)の場合は「漆黒」が常識です。

部屋の中ではわかりにくいですが、出棺などで屋外へ出て、太陽光の下では喪服とレディーススーツの黒さの違いが、一目瞭然。

レディースーツでお葬式に行くと、周りの人にバレてしまします。


実は通夜の席では「取り急ぎ駆けつけた」という意味で、レディーススーツを着用してもよいとされているんですよ。

急な不幸に対して喪服を準備していることは、相手に失礼に当たるので、普段着のレディーススーツで行く方がいいという考え方があります。

しかし最近では通夜でも喪服を着用する人が増えているので、やはり一着は喪服を持っておいた方が賢明かもしれません。



その他、女性にはスカート丈の長さにもルールがあります。

特に弔事の席では、女性はひざが隠れる丈が基本なので、レディーススーツだと短か過ぎることがあります。


このように礼服とレディーススーツは素材・デザインにおいていろいろな違いがあります。

また慶事用と弔事用では選ぶものが変わってきます。

慶事用であれば、漆黒にあまりこだわらず、デザイン性があり華やかなものでも構いません。

しかし弔事の場合は、礼服の一部という位置づけではありますが、色以外にもデザイン、生地の素材において「タブー」があるので、大事な場所で失敗しないように注意が必要です。

◆◇◆ 礼服とブラックフォーマルとの違い ◆◇◆

礼服は結婚式などのお祝いの席で着用する慶事用と、お葬式などのお悔やみの席で着用する弔事用にはっきり分けられています。


着用するシーンや用途に応じて「正礼装」、「準礼装」、「略礼装」の3つがあります。

まず最も格が高いのが「正礼装」で、女性の場合はシンプルなデザイン、スカート丈はロングが基本。

「準礼装」は、女性であればアンサンブルやツーピースなど、「正礼装」に比べてデザイン性があるものが多く、スカート丈はひざ下です。

いずれも弔事用の場合では、光沢のない漆黒の生地が基本です。


「略礼装」は普段着用するようなレディーススーツのこと。

デザインに決まりはなく、色も黒に限らず、濃いネイビー・チャコールグレーでも問題ありません。

略礼装は「平服」とも呼ばれることもあります。


一方でブラックフォーマルは黒いスーツの総称で、礼服からレディーススーツまで幅広いタイプの服を指しています。

つまりブラックフォーマルという一言では、具体的にどんなタイプの服を指しているかわからないのです。

ブラックフォーマルを購入する際は、しっかり自分で確認しなければなりませんね。

◆◇◆ 女性が礼服を選ぶ時の注意点 ◆◇◆

女性に限ったことではありませんが、礼服を選ぶ際にはデザインや価格だけではなく、どういったシーンに着ていくのかということも考慮しなければなりません。


最近では冠婚葬祭向けのブラックフォーマルと謳って、どちらにも着て行けそうな商品を扱っているお店がたくさんあります。

しかし慶事用と弔事用では光沢の有無など、生地やデザインに違いがあるため、できれば慶事用と弔事用それぞれ一着ずつ揃えておくことをおすすめします。

「結婚式に喪服を着て行ってもいいのかしら?」と迷われる方も多いと思いますが、これは避けた方がいいですよ。

慶事用と弔事用ではデザインや生地が微妙に違うので、どうしても不自然さがあります。


また購入する際は、販売しているお店選びも慎重に。

たとえばカジュアルな洋服をメインで扱っているお店で売っている礼服は、パッと見たら礼服に見えても、よく見ると普通のレディーススーツということがよくあるんですよ。

結局あとで買い替えることになってしまい、高くつくんですよね。

一方、デパートの礼服売り場には正式な礼服が販売されていて、しかも上質素材が揃っています。

しかし高級すぎてお値段が高く、10万円前後のものがズラリと並んでいるので、なかなか手が出しにくいんですよね。

これを慶事用と弔事用のそれぞれ購入するとなると、かなり大きな出費になってしまいます。

最近はネットショップでも、礼服専門店があるのでとても便利なんですよ。


ネットショップは店舗を構えていない分、コスト削減できるので、品質のよい商品をお安く提供しているんです。

また家の近くにお店がない場合、あるいは忙しくてわざわざお店へ買いに行く時間がない人にも、ネットショップは便利ですよ。

礼服を着る場面には多くの人が集まるので、失礼のないようきちんとした装いで行きたいですよね。

ぜひこの機会に、ネットショップでお気に入りの商品をじっくり選んでみて下さい。

◆◇◆ 前開きショールカラーアンサンブル ◆◇◆

では、ここからは女性におすすめの礼服をご紹介いたします。

へちま襟とも呼ばれるショールカラーは、下襟の先端が丸く緩やかな曲線を描いているのが特徴です。

テーラードカラーに比べて女性らしく、フォーマル感があります。

男性が着用するタキシードによく使用されていますが、レディースになると女性らしく上品な印象になります。

礼服に多用されている形なので、馴染みがありどこにでも着て行けます

ジャケットは少し長めの丈なので、お腹周りをしっかりカバーでき、真ん中のくるみボタンを締めるとフォーマルなイメージを与えてくれます。


ワンピースは上下に分かれているように見える珍しいデザインです。


ファスナーが前についているので、何かと忙しい女性にとって着替えが素早くできて嬉しいですね。

とはいえ、コンシールファスナーという金具が目立たないタイプなので安心です。

ワンピースの首元はスクエアネックなので、とてもすっきりとした形に。

ジャケットは長袖ですが、ワンピースは七分袖になっているので、オールシーズン安心して着ることができます。

[前開きショールカラーアンサンブル]女性の礼服の詳細はコチラへ

◆◇◆ ウエストサテン切り替えのノーカラージャケット ◆◇◆

こちらは襟がないノーカラータイプの礼服で、首元がすっきりとしているのが印象的です。

ジャケットのウエスト部分にはサテンの切り替えが入っていて、ボタンもフックタイプなので、とてもシンプルですっきりしています。

またジャケットの袖にはスリットが入っているので、長ければ折り曲げて簡単に調節することができます。

女性向けのフォーマルな服にありがちな、もたついた感じを与えることがありません。


ワンピースは一見するとトップスとスカートがわかれているように見えるという、変わったデザインのワンピース。


身ごろに大胆なタックが縦に入っているので、着やせ効果があります。

またワンピースの袖全体はシフォン生地なので女性らしく、夏場でも涼しく着られます。

ジャケットを着ても、ワンピース一枚だけで着ても、シルエットが美しく、どんな年齢の女性にも似合います。

[ウエストサテン切り替えのノーカラージャケット]女性の礼服の詳細はコチラへ

◆◇◆ ラウンディッシュ・テーラードアンサンブル ◆◇◆

テーラードカラーのジャケットは、ビジネススーツであれ礼服であれ、少し堅いイメージがありますが、こちらは丸みを帯びたラウンディッシュテーラードで女性らしく仕上がっています。

曲線を取り入れることで、全体として柔らかく女性的な印象に仕上がっています。

ジャケットのくるみボタンも同じ布で作られているので、全体的に統一感があります。


ボタンの位置もウエスト部分より少し高めなので、お腹周りがキツイという女性でも大丈夫ですよ。

袖には約6cmのスリットが入っており、長い場合には折り曲げて簡単に長さ調節ができます。


ワンピースのウエスト部分には、サテンラインの切り替えが入っており、夏場に一枚で着用してもしっかりとフォーマル感があります。

ウエストラインに付いているサテンリボンは取り外し可能なので、シンプルなデザインが好きな方は外してみては。

ワンピースの首元はラウンドネックになっているので、女性らしく上品な雰囲気があります。

また背面にあるファスナーは腰まで下がるので、簡単に着脱できます。

[ラウンディッシュ・テーラードアンサンブル]女性の礼服の詳細はコチラへ

◆◇◆ ぺプラムジャケット・2種類から選べるワンピース ◆◇◆

ぺプラムデザインのジャケットは、ウエストが高い位置で絞られているので、腰回りが気になる方は着やせ効果があるのでおススメです。

首元はシャネル風ノーカラーなので、とてもお洒落です。

中央のボタンもフロントホックなので、外からは見えないためスッキリしています。

ジャケット中央のリボンは取り外し可能なので、その日の気分に合わせられますよ。


袖口にスリットが入っているため、折り返して長さ調節を簡単にすることができます。


ワンピースは胸元にタックの入ったハイウエストタイプか、リボン切り替えタイプか、2種類のデザインから選ぶことができるんです。

ハイウエストタイプの方は、腰の位置を高いので足長効果が。

ウエスト部分にゆとりのタックが入っているため、体型が気になる女性でも安心して着られます。

リボン切り替えタイプのワンピースは、同じ素材でできたリボンがワンポイントになり、可愛らしくフェミニンな雰囲気に仕上がっています。

サイズも標準的サイズから、小柄な女性向けの小さめサイズ、またはゆったりと着られる大きめサイズまで揃っていますので、自分にピッタリのサイズが見つかりますよ。

[ぺプラムジャケット・2種類から選べるワンピース]女性の礼服の詳細はコチラへ

◆◇◆ ショールカラー・フリルアンサンブル ◆◇◆

こちらのジャケットは襟元がベーシックなショールカラーです。

ジャケットでひと際目を引くのは、中央にある3つのくるみボタンで、とても可愛らしい印象になっています。

生地の素材は2種類あり、細かい凹凸のあるスラブバーズアイと、伝統的な自然塗料で染色された米沢織り。

どちらも漆黒で、お好きな方を選ぶことができます。


ワンピースは上下に分かれているように見えるツーピース風なので、一枚で着てもフォーマル感があります。

ポイントは襟元のフリルで、ジャケットを着た時にこのフリルが見えるようにデザインされています。


とてもエレガントで華やかな雰囲気があり、大人の女性を演出してくれます。

他にもワンピースにはいろいろな工夫が施され、裏地はチェーンコードで表地とつながり、足にまとわりつかないようになっています。

またコンシールファスナ―による前開きなので、着脱が簡単で、しかも目立たないという優れものです。

[ショールカラー・フリルアンサンブル]女性の礼服の詳細はコチラへ

◆◇◆ まとめ ◆◇◆


女性用の礼服をご紹介しましたが、気に入った商品は見つかりましたか?

礼服専門のネットショップは、実店舗と比べて種類やサイズが豊富で、しかもお値段がリーズナブルなところが嬉しいですよね。

しかしネットショップは実際に手に取って見ることができないし、また試着もできないということで、購入に不安を感じている方も少なくないのでは。

大丈夫ですよ、そんな心配は必要ありません。

今回ご紹介したショップは、試着サービスができるんですよ。

また万が一気に入らなかった場合のために、返品交換にも対応しているんです。

ここまでサービスが充実していると、実店舗と変わらない?いえいえ、それ以上かもしれませんね。

みなさんも、この機会に自分好みの礼服を準備してみてはいかがですか。

◆◇◆ 女性向け礼服を扱うお奨め通販サイト ◆◇◆

MaryCoco・メアリーココ

今回ご紹介させて頂いた女性の礼服の中でも一番のお勧めサイトが『MaryCoco・メアリーココ』です。

デザインバリエーション、サイズバリエーションも豊富で、通販ならではの買いやすい値段設定も魅力です。

B-GALLERY・ビーギャラリー

大人っぽい女性の礼服が揃っているのが『B-GALLERY・ビーギャラリー』です。

nina's・ニナーズ

クリスチャン&ダイアナを扱う『nina's・ニナーズ』のオンラインショップです。

可愛いらしい雰囲気の礼服をお探しの方にはお勧めのサイトです。



■LINK
  • 礼服 協会
    一般社団法人 日本フォーマル協会
  • 礼服|消費者庁
    表示について知りたい|消費者庁
  • 礼服レディース
    礼服は正礼服・準礼服・略礼服といった種類があり、シーンや立場に応じて着る服が変わります。喪服として使えるのは漆黒色のもの。最近ではパンツスーツで法事に参加する女性も多くなりました。

  • 喪服と礼服の違い 女性編
    喪服と礼服の違いをご存知ですか。女性は嫁ぎ先で不幸があった場合に親戚から厳しい目で見られることがあるのでぬかりない対策が必要です。今回は、結婚式や卒業式での兼用やパンツスーツ等を含めて、既婚女性が知っておくべき喪服の ...